給与明細の紙代と郵送料を削減するためにWEBで表示

WEBで出す給与明細

給与明細の紙代と郵送料を削減するためにWEBで表示 IT化が進んでいる現代、通帳がない金融機関の口座なども有名になってまいりましたが、WEBで見られる給与明細も現れてきているそうです。ネット上でも見られる、ということであれば何も問題はないのですが、ネット上でしか見られない、という給与明細もあり、そういった場合に少し頭を悩ませている方がいるようです。一番困るのは、源泉徴収票、つまり給与支払報告書すらも紙ベースで出ない場合です。なぜかというと、給与支払報告書(源泉徴収票)は確定申告や住民税の申告をする際に、添付書類として必ず必要になってくるからです。どうしても出せない場合には、相談の余地はあるらしいのですが、その場合にも、必ず「自分の年内の収入」がわからないことには、申告のしようもありません。ウェブの給与明細は、往々にしてアーカイブをしておかないとみられなくなってしまうこともあるため、前年度申告が漏れていた友人などは、結局前職に電話確認の上、紙ベースの給与支払報告書をもらうことになってしまったそうです。

上記のようなことからも、資源の節約や紛失による個人情報紛失のリスク低減に役立つであろう給与明細のネット化は、意外なところで少々の手間がかかるようです。しかし、なんでもネットでできるようになってきた現代においては、社会のシステム自体が、この給与明細の形態に適応していくよう、関係者の努力が望まれます。少なくとも、公共の手続きについては早急な対応が求められています。

おすすめ情報